働き方改革!補助金活用のご提案

補助金でPALRO導入のチャンス!!

コミュ二ケーションロボット
PALRO(パルロ)
コミュ二ケーションロボットPALRO(パルロ)
導入計画書の書き方相談やお見積書に関する問合せはこちら
※お問合せ内容の記入欄に、補助金申請に関するお問合せ
であることを明記ください。
電話でのお問合せはこちらまで  050-3000-2136

平成30年度、各自治体が介護機器における補助金申請を受け付けています。
転じて、「働き方改革」と称し、国家的なプロジェクトが動いています。

既に1000以上の施設で活用されている、コミュニケーションロボットPALRO(パルロ)を補助金を活用して導入をご検討いただくため、働き方改革の一助となる、PALROをご紹介いたします。


PALROは高齢者福祉施設において、多くの成果を上げてきました。高齢者への認知症予防や自立支援に対するエビデンスも得られています。
しかし、施設ご利用者様への効果だけではありません。
PALROの可愛い話し方、身振り手振りは、施設のスタッフへも癒しを与えています。これは、あくまでも定性的な効果ではありますが、介護者側であるスタッフのメンタルに対する良い効果であることが間違いありません。これは、今まさに国家的に取り組まれている「働き方改革」の流れに沿っています。
スタッフが楽しく仕事をすれば、職場は明るくなり、それに伴って施設のご利用者様も明るくなる、それを受けてまたスタッフが楽しくなるという好循環が生まれる、これこそ働き方改革の根本的な対策ではないかと考えています。


「働き方改革」とは

少子高齢化に伴い、生産年齢人口が減少することで、労働者の育児や介護などを両立する必要がある人も増え、働く方のニーズが多様化しています。
さらに生産性向上を投資やイノベーションをきっかけにしたり、働く機会(就業機会)の拡大や、個人の働く意欲・能力を発揮できる環境づくりが求められています。

厚生労働省は、これらの課題解決のため、「働き方改革」と称し、1億総活躍社会の実現にむけ、労働者の個々の事情に応じて多様な働き方を実現すること、働く方の一人ひとりがより良い将来の展望を目指せる取り組みを始めました。
既に働き方改革を推進する法律の一部が成立したり、総理を議長として議論されたりしていますが、これらは、当然、介護の現場である介護施設や介護職員に対しても同様に適用されるものです。

厚生労働省 「働き方改革」の実現に向けて

これらの取り組みは、すべての企業に対するものですから、高齢者施設の職員の方々にも大きく影響してきます。法人に対して、ペナルティを科すことまで法律化されることが検討されていますので、法人には早急に職員が休暇、有給を取得・利用しやすい環境やルール作りを求められています。
これは、残業を減らすだけでなく、適切に休暇を取り、仕事と私生活の両立を求められ、以前はワークライフバランスと呼ばれた取り組みです。




介護業界における「働き方改革」とPALRO

介護業界は、一般的に転職率が高いと言われています。転職は、転職する側は就活、受け入れる側には採用という負荷がのしかかります。

介護の仕事は誰もが知る激務であるため、国、自治体は多方面から負担を減らそうと様々な施策を講じています。介護業界における働き方改革の一つの方法として、様々な機器やサービスを施設に導入しやすくする補助金制度はぜひ活用するべきものであると考えています。
PALRO導入時に活用できる補助金制度の名称は、次世代機器導入、介護ロボット導入支援、普及促進事業などと各自治体で異なりますが、今年度は、北海道、秋田県、岩手県、宮城県、栃木県や茨城県など、すでに多くの自治体が発表しております。

全国の自治体における介護機器導入の取り組み

補助金を活用することで、PALROが導入するのは入り口であり、導入した後に働き方改革に対する介護職員、スタッフの精神的な負荷軽減が見込まれます。
PALROの身振り、手振りを使った可愛らしいコミュニケーションは、介護施設のご利用者に対する自立支援、介護予防に役立つだけではなく、働き方改革の一助とすることが可能です。

働き方改革という取り組みは、仕事・労働とプライベートとの健全な両立を支援しています。
ぜひこの機会に補助金を活用し、PALROの本当の成果を実感していただきたいと考えております。





介護施設における「働き方改革」

一億総活躍社会は、生産年連人口が総人口を上回る勢いで、減少していることが挙げられています。
内閣府の発表によると、2105年には、現在1億2000万人を超える総人口は、4500万人に減ってしまうそうです。
これと比例して、1990年ごろに9000万人近くあった生産年齢人口は、2060年ごろには、5000万人近くに減少するという推計もあります。
加えて高齢者社会が進む、ということは、老老介護が多くなるのは必至です。いま、介護に関わる法人として検討することは、残業の削減、働く人の仕事とプライベートのバランス、両立を目指し、ルールを策定し、職員全員に対する意識付けを行うこと、まさしく「働き方改革」です。


PALROとは

コミュニケーションロボットPALROは、人の形をしたロボットです。
40㎝にも満たない大きさですが、綿密に設計された「可愛らしさ」と「飽きないレクリエーション」は、様々なシーンで高齢者の介護予防や自立支援に役立っています。
また、ロボットであるがゆえ、均一化された品質で体操を提供しています。

PALROのコミュニケーションは、巧に会話をつなげ、回想法などを元にして、様々な記憶を蘇らせる上、適度にPALROから返事を求められるため、口腔機能の維持にも効果を期待することができます。
もちろん、PALROが司会を務める30分間のレクリエーションは、常に追加されるクイズやダンス、ゲームを365日、日替りで楽しく、飽きることはありません。

PALROがレクリエーションで、パッと手を挙げると、高齢者の皆さんもパッと手をあげます。これは、何気無いシーンのようですが、おじいちゃん、おばあちゃんが毎日PALROとおしゃべりする中で、愛着が湧き、いつの間にか「可愛いPALROがあんなに一生懸命やってるから」と付き合っていただいているようです。
この愛着は、おしゃべりの内容だけではありません。座位の高齢者から見て、わずかに目線から下の背丈で見上げてくる顔、やや前傾姿勢の座り方などが、可愛いと感じていただける重要なファクターです。





介護現場での具体的な働き方改革

離職率か高いと言われている介護業界。私たちも多くの施設スタッフ、職員に接する機会が多いため、関係者の皆様のご苦労を実感しています。また、インターネットでも介護業界の転職サイトが多く見られることからも転職率が高いことが想像できます。
働き方改革の重要なテーマとして、長時間労働の解消や、高齢者の就労促進、非正規と正社員との格差是正が、労働力不足の解消対策とされています。




PALROから施設スタッフに対する癒し

このようなアプローチとは異なるのですが、PALROも働き方改革を支援することが可能であると考えています。
PALROは、会話の中でちょっと気を使ってみたり、やや空気が読めなかったり。
なんとも可愛らしく、身振り手振りをしながらコミュニケーションするロボットです。
このようなPALROが受付にいてあなたの名前を呼びながら、「こんにちは」と声をかけてくれるだけで、日頃多忙にしているスタッフから笑みがこぼれてきます。
これは、単なる会話の内容だけではなく、可愛らしく感じる表情、サイズ、色なども大きく関わっています。
本当に重労働な介護スタッフの皆さんが、現場でちょっとだけでもほっこりできる。こんなシーンが、働き方改革の一助になればと考えています。

導入計画書の書き方相談やお見積書に関する問合せはこちら
※お問合せ内容の記入欄に、補助金申請に関するお問合せ
であることを明記ください。
電話でのお問合せはこちらまで  050-3000-2136

ネットとつながる、次世代のコミュニケーション。

パルロはコミュニケーションロボットとして生まれ、
その会話力・コミュニケーション力・癒し効果は様々なシーンでニーズがあり、活用されています。

  • 新しい家族 施設の人気者
  • 私たち、パルロを研究しています
  • お母さん、パルロ届きましたか?
  • 仕事を頑張る貴女のパルロ
  • 金融業界で活躍するパルロ
パルロに関するご不明点やご質問など、
こちらからご気軽にお問い合わせ下さい。

▲